東京の紅葉名所!明治神宮外苑の銀杏並木の攻略法/僕のオススメ

(階層カテゴリ:観賞スポット雑記)
●オススメ度:80%
投稿日 17/12/09   更新日 17/12/09
 
 
 紅葉した明治神宮外苑の銀杏並木は東京の名所です。できることならベストなタイミングで訪れて、紅葉観賞を楽しみたいものです。そこで僕がこっそり、明治神宮外苑の紅葉した銀杏並木の攻略法を教えます。
 

今回のターゲット

 今回のターゲットは、いかに紅葉した明治神宮外苑の銀杏並木をベストな時期、ベストな時間帯で観賞するかです。それにより、よい写真を撮ることをターゲットとします。

今回の対象者

 今回の対象者は一応、東京に住んでいる、または東京の隣県に住んでいる人を対象とします。(別にそれ以外でもかまわないけど・・・)

交通の条件

 交通の条件としては、今回は電車です。なぜならアクセスが楽だからです。

交通費

 自宅の最寄駅から、外苑前駅または青山一丁目駅までの電車賃です。これは当然の費用です。

天気

 天気はもちろん晴れの日を狙って行ってください。自分が訪問したい予定日の天気が悪いときは、パスすることをオススメします。

なぜなら天気が悪い日に行っても面白くないからです。銀杏並木の紅葉を十分楽しみたいなら晴れの日に行くことをオススメします。

銀杏並木の紅葉の見頃時期

 まず、押さえておきたいのが明治神宮外苑の銀杏並木の紅葉時期です。僕の感覚では、毎年11月下旬が銀杏の紅葉の見頃時期です。

 毎年この時期、完璧な紅葉とまではいかないかもしれませんが、黄色と緑色のまだら模様の紅葉や、ほどほどによい紅葉が楽しめます。

一般人でしたらこのくらいの紅葉を楽しめれば十分かと思います。

 今まで数回、11月下旬に銀杏並木の紅葉観賞をしましたがハズレはありませんでした。なので、紅葉観賞タイミングは11月下旬をオススメします。

銀杏並木の見頃時期と混雑

 明治神宮外苑の銀杏並木は都心にあり、しかも紅葉の時期になるとたくさんの観賞客が訪れます。東京の紅葉名所なので仕方ありません。それなりの混雑を覚悟して行きましょう。

人は多いですが元旦の初詣客のような行列はないので安心してください。ほどほどの混雑といったところです。

日没時間

 11月下旬の東京の日没時間は早いです。18時には真っ暗になります。14時くらいには日が傾きます。なので、遅くても14時くらいまでが銀杏並木観賞の勝負です。

ベストな時間帯

 紅葉の見頃時期、そして晴れの日に行くとして、次に大事なのは時間帯です。13~15時くらいでも銀杏並木の紅葉を楽しむことができます。

でもこの時間帯に訪れ写真を撮ると、どうしても下のほうが薄暗くなってしまいます。自分のオススメの時間帯としては11~13時くらいがオススメです。

この時間帯ですと写真を撮っても下の方が薄暗くなく、日当たりのよい写真が撮れます。普段の平日は早起きして一生懸命仕事をする。

そして、週末はちょっとゆっくり起きて、それから行動したい気持ちはわかります。

でも、そこを少し我慢して早く起き、比較的、早い時間帯に銀杏並木に訪れて、明治神宮外苑の紅葉を楽しみましょう。

そうすれば光の加減がよい納得できる銀杏並木の紅葉写真が撮れます。これが僕のおすすめポイントです。

■日中の14~15時ごろの写真

(銀杏並木の紅葉は楽しめるのですが、写真を撮るとしたの方が薄暗くなってしまうのが残念です)

■日中の11~12時ごろの写真

(銀杏並木の紅葉を楽しめ、また写真を撮っても下のほうが薄暗くならない日当たりのよい写真が撮れます。なので、なるべく早い時間帯に行くのがオススメです)

歩行者天国

 自分の経験上のお話をします。たぶん紅葉の見頃時期、週末だけだと思いますが、銀杏並木の3分の2くらいが歩行者天国になります。

12時から17時くらいまでは歩行者天国を実施していると思います。

銀杏並木の紅葉を観賞して、ちょうど12時になったとき、いっせいに車道を歩行者天国に変更しているのを目撃しました。

前に訪れたときも16時くらいまでは歩行者天国にしているのを体験しました。なので紅葉時期の12時から17時くらいまでは、歩行者天国の時間帯と考えてよいと思います。

いちおう参考情報です。

12月上旬の情報

 職場の人で、11月下旬に銀杏並木の見頃のニュースを見て、その1週間後の12月上旬に銀杏並木の紅葉観賞に行った人がいました。

その人の話を聞いたら、もうほとんどの銀杏が落葉していたと聞きました。もう見頃は終わっていて寂しかったと聞きました。

12月上旬でも、上手くいけばベストな紅葉が見られるかもしれませんが、12月上旬に行くのはリスクが高いです。

やはり、ほどほどよい銀杏並木の紅葉を見るには11月下旬を狙っていくのが、ベターかと考えます。

散策コース

 一応、簡単に説明しておきます。2つのコースを散策するのがよいかなと自分は思います。せっかくきたのでじっくり楽しみましょう。

【Aコース】

 青山通りからスタートして、銀杏並木を進み突き当たりの広場で開催しているフードフェスティバルを簡単に見学して、また銀杏並木を歩き青山通りに戻るコース

■イメージ散策図

 Aコースで写真を撮りながらゆっくり銀杏の紅葉観賞をすると、たいだい30分くらいです。

【Bコース】

 青山通りからスタートして、銀杏並木を進み突き当たりの広場で開催しているフードフェスティバルを簡単に見学。

そのあと、聖徳記念絵画館前を通過して、また銀杏並木を歩き青山通りに戻るコース

■イメージ散策図

 Bコースで写真を撮りながらゆっくり銀杏の紅葉観賞をすると、たいだい40~50分くらいです。

国会議事堂じゃない

 前に友だちと銀杏並木の紅葉を観賞したとき、突き当たりにある建物を見て「国会議事堂だ!、国会議事堂だ!」とわめいていました。何回もわめいていました。

そのつど「違うよ!」とつっこみを入れましたが・・・

■参考写真

これ国会議事堂ではないので注意してください。聖徳記念絵画館です。(笑)

まあ、友達は冗談で言ってたとは思いますが・・・

紅葉した明治神宮外苑の銀杏並木の感想

 僕は今まで2回、明治神宮外苑の銀杏並木の紅葉を観賞しました。年は違いますが2回とも11月下旬に行きました。2回とも紅葉はキレイに色づいていました。

なので11月下旬に銀杏並木に行くのがベターかと考えます。時間帯は1回目は14~15時、2回目は11~12時くらいに行きました。

1回目は紅葉の観賞は楽しめたのですが、紅葉写真を撮ると写真の下のほうが薄暗くなってしまい残念に思いました。なので2回目は時間帯を早くしようと思いました。

2回目は11~12時くらいに訪れて、今度は銀杏並木の紅葉を楽しめ、しかも日当たりのよい写真も撮ることができました。

一応自分は2回のチャレンジで納得できる紅葉と写真を撮れることができました。そして満足しました。

明治神宮外苑の銀杏並木の攻略法とポイント

 明治神宮外苑の銀杏並木における、紅葉が見頃でよい写真が撮れる攻略法とポイントをおさらいでまとめておきます。

① 毎年、11月下旬に狙っていく
  → この時期が、例年の標準的な銀杏並木の紅葉見頃時期です
  → これは僕の体験上からです。今までハズレがありませんでした

② 晴れた日に狙っていく
  → 天気が悪い日に行っても意味がないです
  → タイミングが悪ければ、その年はパスするのも手です

③ 観賞の時間帯は11~12時くらいにする
  → この時間帯ですと紅葉も楽しめ日当たりのよい写真も撮れます

まとめ

 いろいろ書きましたがこの記事が、見頃時期の紅葉した、明治神宮外苑の銀杏並木の参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする